ドルドゥブルターニュ駅乗り換えでモンサンミッシェルへ

TGV車中からドルドゥブルターニュでバスに乗り換え

TGV車内

TGV車内

1等車の快適さは抜群です。

 

まぁ人がいないことが前提ですが、乗客はパソコンを使っているビジネスマンがちらほらいるくらい。
きれいでオシャレな感じの車両です。

 

食堂車があるのでとりあえず立ち寄ってみましたが、やはりそれなりに値段がします。

 

TGV食堂車メニュー

モノップ

食堂車の値段が高いという情報も事前にテレビで仕入れていたため、モンパルナス駅のモノプリのコンビニ版である、デイリーモノップで朝食を購入済みです(笑)

 

そう、今日は朝が早すぎたためにホテルの朝食を頂けなかったのです。

 

約3時間の乗車時間でモンサンミッシェルの予習をしたり、車窓からは牛や馬といった動物が放牧されているのどかな感じも見て取れました。
そういやあまり記憶にないですが、途中検札の方が来られた気がしますので切符は無くさないように。

 

また、途中トイレにも行きましたが比較的きれいなトイレであったかと思います。
モンサンミッシェルでも苦労しそうだったのでここで用を足しておけばいいでしょう。

 

ドルドゥブルターニュ駅乗換

さて、今日の一番のポイントのドルドブルターニュでのTGVからバスへの乗り換えです。
終わった今となっては何の心配もいりませんが、駅にほとんど人がいないため駅の構図は頭に入れておいた方がいいかと思います。

 

結論から言うとホームの階段を降りたあとは “左側の出口(南側)” に出てください。
これだけ押さえておけば問題ありません!!

 

ドルドゥブルターニュ駅は田舎の駅という感じでホームが2つか3つほどあります。
電車の進行方向(西側)に向かっていくと下りの階段があります。
ここで、私は焦りました。
階段を下りると間もなく突き当り、左右に出口があるんですね。

 

どっちに行けばいいかわからない。
看板もない。。。

 

とりあえず右側を進み階段を上って出口を出てみるとバスが止まっています。
「おっ、これかな?」と思いましたが、乗客はおらずモンサンミッシェルの文字もない・・・

ドルドゥブルターニュ駅バス

 

「なんか違言う気がする。間違ったかな?」と思い、もう一方の出口へ走って移動。
なんせ乗り継ぎ時間は10分しかないもので(笑)
そう、こちらが正解でした。

 

ありましたよモンサンミッシェル行きのバスが!

 

ホントにこれ?とも思いましたがチケットを見せて無事乗車。
バスと駅の写真も撮ってみました。

ドルドゥブルターニュ駅

 

いやぁ、さすがに乗り継ぎ時間が短いのは焦りましたが、何とか乗れてよかった。
やはりマイナーなルートのため乗客の数は多くなく1/3くらいしか席は埋まっていなかったかな?

 

ちょうど日本人の方が一人いらっしゃったのでお話をしながら30分間景色を楽しんでいました。

 

途中モンサンミッシェルの看板があったり、馬が放牧されていたり、そして何よりこの天気!

モンサンミッシェル看板

途中曇っているところもあったので、心配もしていましたがおかげさまでいい天気。

 

実はモンサンミッシェル、海の近くということもあってか天気が変わりやすく天気予報でも2日に1度は雨マークが!!
そんなところにいい天気で来れて超ラッキーとテンションが上がっていました。

 

 

馬放牧

さて、この路線バスは島の手前にあるバス停に停車。
モンサンミッシェルへ到着です。

 

これから3時間ちょっとで島へ行き、お昼ご飯を食べ、修道院を巡り、お土産を買ってと大忙し(笑)

 

とりあえず島に向かうためのバス(ル・パサー)を探します。

 

 

⇒BACK:パリモンパルナス駅にてTGVの乗り方

 

⇒NEXT:モンサンミッシェルの島内には無料シャトルバスで行く

Sponsored Link


あなたにオススメのページ

モンパルナス駅TGV乗り方
フランスの観光地と言えばここも外せません。ガイドブックを見てもヴェルサイユ宮殿か今から向かうモンサンミッシェルが特集されています。モンサンミッシェルにはドルドゥブルターニュ駅経由のTGVで行くことを強くオススメします。実際のTGV切符の発券方法から乗り方までを解説します。
モンサンミッシェル
天気は快晴とまではいきませんが晴れ、モンサンミッシェルの絶景を十分に味わえる天候です。一番の撮影スポットは「ル・パサー」の停留所のひとつ河口ダム広場前の撮影スポット。撮影スポットとして知られているはずなのに、意外と人が少ないのは時間が早いからなのか、実はあまり知られていないのか・・・。私はここからの景色を一番オススメしますよ。
SIRENE、Le P'tit Breton
モンサンミッシェルでの食事迷いませんか?ツアーに付いているお店はあんまり評判が良くないかと思います。せっかくならオムレツ・・・ではなくそれ以外の名物を食べたいあなた!ブルターニュ地方名物のガレットをSIRENEでいかがですか?
モンサンミッシェル修道院内
海上のピラミッドと呼ばれるモンサンミッシェル。中は修道院になっていますが、個人的には外から見たモンサンミッシェルが一番でした。是非訪れる際は1泊することをオススメします。せっかく時間をかけて行くんでね。お土産は定番ですが、島と反対側のスーパーで購入してください。モンサンミッシェルはどれも絵になるので、たくさんあって迷うこと間違いなしです。
レンヌ駅
せっかくのTGV+バスの旅。途中乗り換えの街レンヌ。ここを素通りしようとしていませんか?この街は大学生が多く活気にあふれています。パリと違って治安も良いです。パリよりもゆったりとした雰囲気の心温まる街レンヌ。せっかくなら少しばかり立ち寄ってみませんか?
サン・ジョルジュ宮殿
レンヌの街については事前情報が少なくて、実際に着くまで想像がつきませんでした。個人的には思っていたよりも栄えているという印象です。学生が4分の1を占めるとガイドブックにはありましたが、治安の良さにびっくりしました。街全体の雰囲気が良い。スリを気にしている気配がありません。そんな街レンヌですが、まずは庭が美しいというサンジョルジュ宮殿に向かいます。
ハーゲンダッツ
レンヌの旧市街を徒歩で巡ります。巡るというか迷いながら歩いていたのですが、大きな広場にたどり着きました。どこかで見たことがある建物が2つ。レンヌの市庁舎とオペラ座です。隣には日本では店舗がなくなったハーゲンダッツが。時間もあるし久々のハーゲンダッツを味わうことにしました。さっき塩キャラメルソフト食べたじゃんというツッコミは受け付けません(笑)
サン・ピエール大聖堂
レンヌの街を歩いてきましたが、1番のオススメはこのサンピエール大聖堂です。レンヌに来て良かったと思える一番の観光地。金箔の装飾が美しすぎます。観光客も少なくゆっくりできますので是非訪れて頂きたい場所ですね。
モノプリ
モンサンミッシェル、レンヌからTGVで帰ってきて時刻は21時前。お腹もすいたし、夜をどうしようかと悩んでいたらモノプリが。お惣菜のいいところは自分で食べ物を見て選べるところですね。レストランではメニューが読めませんから。ただ、残念ながらモノプリのお惣菜はラ・グランデピスリー・ド・パリのものには及びませんでしたので、そこまで期待しない方がいいかもしれません。

 
TOP フランス旅行 ベルギー旅行 ドイツ旅行 オーストリア旅行 チェコ旅行 ハンガリー旅行