デーメルのザッハトルテとアンナトルテ

デーメルザッハトルテアンナトルテ

ウィーンで有名なカフェ?ケーキ屋さん?デーメルを見つけたので、ザッハトルテとアンナトルテ2つを欲張って食べてみました。昨日食べたカフェザッハーのザッハトルテとはまた違う味わい、食べ比べた感想を紹介しています。

地下鉄を使い王宮へ

本日は昨日行けてないシェーンブルン宮殿がメインです。

チケット売り場が混むとのことで、朝から行こうかと思ってましたが、あいにくの雨。

そこで、予定を変更し、シシイチケットで入れるもう一方の王宮へ向かうことにしました。

王宮までは地下鉄で向かいます。

王宮近くにザッハートルテでもうひとつ有名な「デーメル」があることを知り、しかもちょうど私の着いた9時頃にオープンということで、トルテを食べに行きました。

デーメル

ウィーンのカフェ:デーメル

入り口はなんともかわいいデザイン☆

また昨日のカフェザッハーとは違いますねぇ(^_^;)

朝パンをちゃんと食べたにもかかわらず、このデーメルで有名な2つのトルテ、ザッハトルテアンナトルテを欲張って注文しました。

アンナというのはこのデーメルの女主人の名前を取っているそうです。

ここでは、実際にザッハトルテをはじめとしたケーキ類の厨房を見ることができます。

比較的若い人が多いように見えますが、全面ガラス張りになっているので非常に面白いですよ。

デーメル   デーメル

デーメル   デーメル

さてさて、まずはザッハトルテを頂きますね。

デーメルのザッハトルテ

昨日との比較になりますが、デーメルのザッハトルテ[写真左]は、ホイップクリームが付いてません。

デーメルザッハトルテ

カフェザッハーに付いていたベリー系の味はせず、純粋なチョコレートのみです。

しかもこのチョコレート、かなり甘くてマジパンに近いくらいの甘さです。

ただこれはコーティングであって中は香ばしく焼き菓子の風味がふんだんに出ていて程よいフワフワ感

もう一回、何でこんな甘いのか味わってみると、チョコレートの中に砂糖菓子のようなものが入ってました。

うーん、甘すぎる。

超甘党の私がそう感じるんで、甘ったるいのが好きな人には向くのかな。

デーメルのアンナトルテ

もう一つのアンナトルテ[写真右]はザッハトルテと比べて見た目が一回りくらい大きいです。

デーメルザッハトルテ

しかし、味が全然違います。

こっちは外側も中も全体的にしっとり感、お酒が利いています

しかも、結構な度数かと。

コーティングのチョコレートにはアーモンドのようなものが練りこんであって、これも味わい深いです。

ということで、昨日のカフェザッハーと今日のデーメルの2つのトルテですが、どれも系統が違うんでなかなか比較しにくい。

あくまでも個人的な見解ですが、私は甘党かつお酒が好きなのでデーメルの方が好みの味でした。
カフェザッハーはホイップクリームが絶品でしたね。

このデーメルではWi-Fiも使えたんで、約1時間と思ってた以上の時間を過ごしてしまいました。
雰囲気も抜群なんでね。

デーメル雰囲気

そんな感じでゆっくりとしていたら、時間は10時。

デーメルテイクアウトデーメルテイクアウト デーメルテイクアウト

目的のホーフブルグ王宮は目の前です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください