ライン川クルーズでソーセージを注文、その味は?

ライン川クルーズソーセージ

ライン川下りではなくライン川上りなので、約3時間と乗船時間は長めでした。

屋台のようなところがあったので、ドイツで初のソーセージを頂くことにしました。

ライン川クルーズ船のレストラン

13時15分にリューデスハイムに到着予定なので、軽く昼食を取ろうかと思います。

レストランライン川クルーズ

少し寒くなっていたんで、中のレストランで食べようと思いましたが、席に付いても特に注文を聞きにくるわけでもなく、どうしていいのかわからなかったので、外に出て屋台でやっていたブラットブルストというオーソドックスなソーセージを注文しました。

パンにはさんでマスタード付きのものが3.6ユーロ、なかなか値段しますね。

初のドイツソーセージということでどんな味なのかテンション上がってます。

ライン川クルーズソーセージ

んー、見た目は日本のものと大差なし…

ドトールのホットドッグを二回り大きくした感じかな。

いやいや、そうは言ってもドイツのソーセージはビックリする味なんだろうなと思い頂きました。

あれ?ハードル上げすぎたかなぁ?

味も日本のものと大差なかったんです。

正直、がっかりでした。

こんなものなのかドイツのソーセージは!!と思いましたが、これからソーセージ三昧になるんでそうではないことがわかります。

場所によって美味しさが全然違うんで、いいところで良いソーセージを食べてください。

2時間弱と短い時間でしたが、5~6つくらいは古城を見れたし、ちょうど良かったのかもしれません。

予定より5分ほど早い13時11分にリューデスハイムに到着です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください