ドイツ旅行記2日目

ニーダーヴァルトの像とブドウ畑

投稿日:2014年11月5日 更新日:

リフトに乗って眺めるブドウ畑の景色はまさに絶景。これだけの広大なブドウ畑、日本にはないでしょう!天気も良くて最高でした。

ニーダーヴァルトの像からの景色

ここの景色も素晴らしかったです。

ニッダーヴァルト像

まずは繰り返しになりますが、日本では見られない一面のブドウ畑。

ドイツってあまり白ワインのイメージはないですが、この景色を見るときっとワインが美味しいんだろうなって思っちゃいます(/・ω・)/

そしてこの後行くワインフェスティバルでドイツの白ワインの凄さがわかります!

ニッダーヴァルト像

ニーダーヴァルトの像も大きくって良いですが、個人的にはブドウ畑とリューデスハイムの街並み、ライン川が180度広がっている景色をオススメしますね。

私はどこかお土産屋さんはないかなと思い、無駄に歩き回りましたが、とりあえずリフトで上って街並みを見るだけでもいいのかなと思います。

時間がある方は、私は行けなかった隣町や反対側の街へもリフトが出ているので、行ってみてもいいと思います。

私は歩いて回りましたが、本当に裏側へ行くなら2~3時間は時間を見といたほうがいいでしょう!

ブレムザー館、つぐみ横丁を通りワインフェスティバルへ

その後は、リフトで降りてきてブレムザー館へ向かったんですが、4人集まらないとツアーを始めないと言われて諦めました。

多分もう少し待って入れば入れたっぽいですが、英語で聞けなかったので断念しました。。。

ブレムザー館

それ以外にも、毎年この時期に行われているワインフェスティバルや昼からいつも賑わっているつぐみ横丁とに行きたかったのでそちらへ向かいます(^^)/

まずは、ブレムザー館からすぐのところにあるつぐみ横丁[DROSSELGASSE]☆

つぐみ横丁     つぐみ横丁

昼間から音楽で賑わっていてみんなワインを飲んでいるということですが、実際に音楽を演奏していたのは1つの店舗のみでした(;・∀・)

あれ?

話と違うなぁと思いましたが、その理由はすぐにわかりました!

そう、ワインフェスティバルです!!

みんな、こっちに足を運んでいるんですね。

毎年このお盆明けの時期にリューデスハイムで行われるワインフェスティバルにお邪魔してみました(*^_^*)

Sponsered link

-ドイツ旅行記2日目
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 格安フランス旅行 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.