フランス旅行記4日目

モノプリで購入できるフランスパリおすすめのお土産

投稿日:2014年3月27日 更新日:

モノプリのシャンゼリゼ店は、他のモノプリと比べて大きいし品ぞろえが素晴らしい!スーパーなので値段も安く、フランスパリのお土産買うには一番かと思います!

モノプリ-monoprix-はシャンゼリゼ店がオススメ

お昼をどうしようかなぁ・・・

と思いつつお店を探しましたが、これといったお店が見当たりません。

これは事前にお店をチェックして行くべきだったなぁと反省です。

そんな中、まだこの旅で立ち寄ったことのないポイント(正確には立ち寄ったが購入に至らなかったポイント)であるスーパーを発見。

ガイドブックにも紹介されていますが、「モノプリ」とよばれるかなり品揃えの豊富なスーパーです。

2日目ジャックジュナンでミルフィーユを食べた後にレピュブリック広場周辺のモノプリに寄ったのですが、時間帯のせいかかなり混んでいたため購入は見送ったときのお店です。

モノプリ自体はパリ市内に何十店舗もあるため、事前に他のお店に入っていたことは凄くプラスに働きました。

というのも、今回入ったシャンゼリゼ店は運よくかなりの大型店だったかと思います。

イオンやイトーヨーカドーほどではないですが、それでも大型スーパーという表現が一番しっくりくるかな。

家電や調理器具といった日用品から、衣類、食料品まで基本なんでも揃う感じ。

ただし、値段が安いかというと安くはありません。

パリ市内では至って普通の価格。

明日は一日モンサンミッシェルで潰れるため、お土産は今日のうちに買わなければでした。

ホントはこの後にギャラリーラファイエットやアルベーヌメネスで買う予定でしたが、ある程度はモノプリのシャンゼリゼ通り店で買っていくことに。

品揃えが思った以上に多かったんです。

セーヌ川

ついでにお昼ご飯もここで買って、セーヌ川でピクニック気分で食べることにしました。

パリの人たちはお弁当をもってセーヌ川沿いでピクニックをする、とテレビでも言っていたのできっと間違いではないでしょう(笑)

これもパリでやってみたかったことのひとつでしたし。

モノプリで購入できるフランスパリのお土産

ちなみに買いたいお土産はある程度目星をつけていまして、

  • エッフェル塔の形をした瓶に入っているお酒
  • 鴨のフォアグラやテリーヌ[空港で検疫通さないとダメと言われました]
  • マロンクリームのチューブ
  • ミッシェルドオーガスティンのサブレ

さすが大型店だけあってマロンクリームのチューブ以外は見つかりました。

ミシェルドオーガスティン

ミシェルドオーガスティンのサブレは前回行ったレピュブリック広場付近のモノプリには置いていなかったものが、豊富なラインナップで置いてあります。

サブレ以外にも品揃えはかなり豊富かと思いますので、

シャンゼリゼ通りのモノプリはお土産を買うのに、特に目的のものがあるなら非常にオススメしますよ。

個人的には思いがけない代物にも出会え衝動買いしちゃったりと大満足のお店です。

そんなモノプリを含めたスーパーでの注意点が2つ

1つは大抵のスーパーは袋を無料では用意してくれませんので、エコバックか買い物袋を持参しましょう。

モノプリエコバック

エコバックは1.5ユーロ(約200円)で可愛らしいものが購入もできます。

写真は私が購入したもの、2018年現在でも愛用しています。

2つ目はレジで購入する際ですが、レジかごの中に商品を入れるのは日本と同じスタイルなのですが、店の人にレジかごのまま渡すのではなくかごからレジ横のスライドする台上に商品を移し替えねばなりません。

なので、量が多いと大変ですし、精算後も店員さんが品物を台をスライドさせただけなので、その場で袋やエコバックに入れなければなりません。

ましてや、海外のクレジットカードにも慣れない状態で効率よく動けるわけもなく、今回はいっぱい買いすぎたなぁと少し反省しました。

なので、一度に多く買うのではなくお土産は少しずつ買うのがいいかと思います。

モノプリで購入したサンドイッチやトルティーヤ

さて、モノプリでお昼ご飯を買いました。

何気にこれまで食事はすべて外食だったため、初のお惣菜?もの。

購入したものは3つ。

  • club thon cruditesと書いてあるサンドイッチ
  • Wrapと書いてあるトルティーヤ?少し厚めの生地でサーモン等をくるんでいるクレープ風のもの
  • オレンジジュース

物価が高いパリなので

  • club thon cruditesが2.99ユーロ
  • Wrapが4.90ユーロ
  • オレンジジュースが2.5ユーロ

合計10.39ユーロ(約1400円)となかなか豪華なランチになりました。

路上での撮影に遭遇

パリモデル撮影セーヌ川まで歩く途中でパリジェンヌのモデルさんが雑誌の撮影をしているところを発見。

もちろん知らない人ですが、せっかくなので僕も何枚か撮ってみました(笑)

盗撮っちゃ盗撮ですね。。。

まぁ何も言われなかったからいいんです(笑)

セーヌ川沿いでピクニック気分

お昼は快晴のセーヌ川沿いで頂きました。

写真はwrapと呼ばれるトルティーヤ。

モノップ

私はフランスの食事とは相性が良くてどれも美味しかったです。

もう少し安ければ言うことなしなんですがねぇ。

思いのほかお土産を買ってしまいましたが、これからは更なるお土産を求めギャラリーラファイエットへ向かうことにしました。

Sponsered link

-フランス旅行記4日目
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 格安フランス旅行 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.