フランス旅行記5日目

レンヌ観光:サン・ピエール大聖堂[別名レンヌ大聖堂]

投稿日:2014年4月2日 更新日:

サンピエール大聖堂は期待が小さかった分大満足でした。人が多くないのも良かった気がします。サンジョルジュ宮殿といい、レンヌに寄ってほんと良かったと思いました。

レンヌのショッピングストリート?

サン・ピエール大聖堂へ向かう途中というか広場の反対側に変な日本語を発見しました。

SuperdryStore

「極度 乾燥 (しなさい)」SuperdryStoreと記載されておりイギリスの国旗が。
superdrystore

もの珍しいので写真に収めてみましたが、一体何だあの日本語はと気になったので、

後から何だったのかと検索してみると・・・

実は英国発のSuperdryというファッションブランドとのこと。

結構人気があるのかな?

サッカーのベッカムや、ハリーポッターのダニエル・ラドクリフも愛用しているそうで、世界約40ヶ国に展開しているそうです。

へぇ!そんな有名なお店だったんだ。

ひとつ勉強になりました(笑)

この通り結構おしゃれな雑貨やファッションを扱っているみたいでして結構歩くだけで楽しいです。

GENEVIEVE LETHU

中でも目に留まったのがGENEVIEVE LETHU(ジュヌビエーヴ・レチュ)というお店。

すみません、写真はないんですがかわいい食器から調理器具までたくさんそろっています。

しかも、どうやら日本にもお店があるみたい、なのでURL載っけときます。

別にこのお店の回しもんではありません(笑)ホントに可愛い食器がいっぱいなんです。

日本GENEVIEVE LETHU(ジュヌビエーヴ・レチュ)

フランスGENEVIEVE LETHU(ジュヌビエーヴ・レチュ)

かわいい食器があるなぁと思ってみていたらお店の中から女性が出てきました。

レンヌで日本人留学生に遭遇

「ん?日本人?」と思ったのですが声を掛ける勇気は私にはなかったのですが、「日本人ですか?」と声を掛けて頂いたので少しお話することに。

どうやら留学ではないそうですが、一度就職した後にそれに近い形で約半年間レンヌに住まれているそう。

かなり行動力がある女性で素敵でした。

どうやら日本人が相当珍しかったそうで、観光でと言うと驚いていました。

日本人がレンヌに立ち寄ることはほぼないそうです。

こんなに素敵な街なのにね。

金箔のサン・ピエール大聖堂

「サン・ピエール大聖堂」へ行かなければでしたので、間もなくお別れをしましたが、せっかくならこの後案内してもらえばよかったなぁと後で後悔。

というのもまたサン・ピエール大聖堂へ向かう際に迷うといいますか、近くまで来ているのに入口がわからないというね。

そんなとき一人旅をしていそうな外人の方に写真を撮って欲しいと頼まれ、それに動じない私。

ここ何日かでの自分の成長を感じました。

よくわからない建物をバックに何枚か撮りました。

そんなこともありながら「サン・ピエール大聖堂」のまわりを一周してなんとか入口に到着。

入口は建物の西側にありました。

これがそんなに期待していなかったためか想像以上に良かったです。
サンピエール大聖堂
ガイドブックには金箔を贅沢に使った装飾とありますが、ただただ美しいです。

それに加え大聖堂の厳格な雰囲気が大いに漂っており、観光客を含めた人が少ないのも特徴です。

おそらく私を入れて4~5人くらいしかいなかったと。
サンピエール大聖堂    サンピエール大聖堂
フランスの文化財に指定されているだけあって、しばらくは金色の美しさに圧倒されっぱなしでした。

これだけキレイならもっと大きく取り上げればいいのにと思います。

Sponsered link

-フランス旅行記5日目
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 格安フランス旅行 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.