サンシュルピス教会からサンシュルピス通り

サンシュルピス教会

ダヴィンチコードで話題になったローズラインのあるサンシュルピス教会、海外旅行で初めて教会内に入ってみました。

リュクサンブール公園からサンシュルピス教会へ

サンシュルピス教会

さて15分ほどのんびり過ごした後は、シテ島に向かうことにしました。

オルセー美術館へ行くプランもありましたが時間の関係上それはあきらめて、まずはサントシャペル教会まで歩いて向かうことに。

途中ダヴィンチコードで有名な「サンシュルピス教会」がありましたのでそこに立ち寄って、雑貨屋さんやショップが並ぶサンシュルピス通りを抜け、シテ島へ向かう予定です。

サンシュルピス教会中

サンシュルピス教会

まずはサンシュルピス教会です。

ダヴィンチコードで出てきたローズラインと呼ばれる子午線があります。

教会なので中は厳格な感じ、フランスで初めての教会なので少し緊張しました。

写真撮っていいのかなと思いながらも他に撮っている方がいらっしゃるのでパシャリ。

あまり人はいませんでしたが、ローズライン周りにはちらほら。

ただダヴィンチコード内で触れていたローズラインとは無関係である、と教会の関係者たちは否定しているようです。

ローズライン        パリ花嫁

教会の雰囲気を感じ取り、外へ出ると花嫁姿の外国の方がいらっしゃいました。
美人さんでなかなか微笑ましくなりますよね。

サンシュルピス通りからシテ島へ

続いてはサンシュルピス通りを歩くことにします。

かわいい雑貨屋さんがあったり、日本でもおなじみの無印良品があったり、おしゃれに興味がある方はいいかもしれません。
サンシュルピス雑貨 サンシュルピス雑貨サンシュルピス雑貨

ただ雑貨はそこそこ値段してましたね。

ちょっとした小物でも30ユーロ程度(4000円強)となかなか物価が高いです。

そうこう歩いているうちにお目当ての建物がチラリと見えます。

ノートルダム大聖堂です。

そして信号を渡ると世界遺産のセーヌ川も。

  ノートルダム大聖堂  セーヌ川クルーズ

まだ2日目なのでくもり空でもいいもんですね。

セーヌ川では、次から次へとクルーズ船が通り過ぎていきます。

セーヌ川自体は数日前に雨が降ったからか、なんやらどんよりとしている様子です。

さて、橋を渡りシテ島へ上陸。

ここから午後のメイン、「サントシャペル教会」「ノートルダム大聖堂」へ向かいますよ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください