フランス旅行記3日目

モンマルトルの観光:アメリのロケ地

投稿日:2014年3月12日 更新日:

フランスの映画と言えば何を思い浮かべるでしょうか?

私は「ダヴィンチコード」「アメリ」でした。アメリのロケ地がいくつかこのモンマルトルにあるので、歩いて回ってみることにしました。

モンマルトルの観光:アメリのロケ地

アメリは観たことがなかったので、事前にDVD借りてチェックです!

男の人はあまりこの映画の良さがわからないのでは。。。

アメリ自身だけでなくキャラクターが可愛らしく女の子が大好きな映画ですね、きっと☆

そのアメリのロケ地巡りがモンマルトルでできる、ということで向かってみました。

テルトル広場

テルトル広場

さて、まずは「コリニョンの八百屋」です。

その後、アメリの働いていたカフェ「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」にお邪魔したいと思います。

アメリのロケ地はサクレクール寺院の西側なので画家が集まるというテルトル広場(右写真)を通ります。

このモンマルトルは画家の集まる街ということで知られており、テルトル広場では似顔絵の絵描きさんがたくさん並んで賑わいを見せています。

先ほどの雰囲気とは打って変わって、このテルトル広場はいい感じの温かい雰囲気でした。

以前は治安が悪いと言われていたようですが、特に押し売りのような感じで話しかけられることもなく、日曜日の朝なので人は少ないですが、明らかにさっきとは空気が違います(笑)

テルトル広場は結構好きな感じだなぁ。

もし観光を考えている方、サクレクール寺院に訪れる際はアンヴェール駅からではなく、アベス駅方面から来ることをオススメします。

治安の面からも、観光の面からも。

コリニョンの八百屋

このテルトル広場を南に下ると住宅街が見えてきます。

人通りはあまりないですが、少し西に向かって歩くとアメリのロケ地「コリニョンの八百屋」がありました。

ここはあまり当時とは変わっていないのではないでしょうか。
コリニョンの八百屋 コリニョンの八百屋コリニョンの八百屋
左が映画の場面、右が現在も八百屋さんとして存続しています。

お店のわきにはアメリの写真やポスターが並んでいました。

もう10年以上前の映画なので、さすがに観光客はいない感じ。

女性の方1組が興味を持っていたようですが、たまたま通りかかったといった感じでした。
まぁ、この店はどんな感じなのかなぁといった興味だけでしたので、5分ほど滞在したあとメインのアメリが働いていたカフェを目指します。

カフェ・デ・ドゥ・ムーランへ向かう途中・・・

アメリのカフェ「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」で軽くお昼を食べゆっくりするつもりでした。

11時くらいに行きたいと思っていたので、少し早いかなぁという時間帯です。

そんな中カフェ・デ・ドゥ・ムーランに向かっていると、現地の方に声を掛けられました。

結局、その方と別のお店でお昼を頂いたので、詳細はお昼のページに書きます(笑)

昼食-Brasserie la mascotte-

そのため、カフェ・デ・ドゥ・ムーランは中に入れませんでした。

カフェデドゥムーラン

というのも時間が無くなったんですね。

よって中のレポートができないんですが、写真は少しだけ撮ってあります。

結構賑わってましたし、中にはアメリのポスター?もありました。

日本人の方はいない感じでしたので、そういった意味でもオススメです。

かなりの酔っ払いでしたので、フラフラになりながらロンシャン競馬場へ向かいます。

カフェデドゥムーラン

カフェ・デ・ドゥ・ムーラン
営業時間:7:00~翌1:00(日曜:9:00~翌2:00)
アクセス:メトロ2番線 ブランシェ(Blanche)駅

 

Sponsered link

-フランス旅行記3日目
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 格安フランス旅行 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.