ロンシャン競馬場への行き方、アクセス方法

ロンシャン競馬場行き方

凱旋門賞の開催されるロンシャン競馬場へツアーではなく、自力で行ってきました!ロンシャン競馬場までの行き方やアクセスで事前に調べておきたい点や注意点をまとめてみました。

ロンシャン競馬場アクセス方法

凱旋門賞の行われるロンシャン競馬場への行き方は主に2つです。

どちらもメトロでブローニュの森近辺まで出て、そこから無料シャトルバスに乗って大体5分くらいで到着します。

【メジャーな行き方】メトロ⑩号線ポルト・ドートゥイユ(Porte d’Auteuil)→241(224)番バス→Hippodrome de Longchamp
 
【マイナーな行き方】メトロ①号線ポルト・マイヨー(Porte Maillot)(6番出口)→244番バス→Les Moulins Camping

メジャー、マイナーと分けましたが、どちらの行き方で向かってもいいと思います。

ロンシャン競馬場の開門が11時なので、それまでにどこにいるかで行き方は決めればいいでしょう。

私はモンマルトルからでしたので、マイナーな方法のポルトマイヨー駅からロンシャン競馬場へのアクセスを選択しました。

なのでこんな感じですね↓

メトロ2号線 ブランシェ(Blanche)→シャルルド ゴール エトワール(Charles de Gaulle Etoile)→メトロ1号線 ポルト マイヨー(Porte Maillot)→ロンシャン競馬場

マイナーな方法でしたが、時間が14時過ぎだったため人の流れについていけば間違いなく辿りつきます。

某旅行会社のオプショナルツアーでパリ市内からロンシャン競馬場の送迎を往復5000円弱で行っていましたが、メトロの往復料金(約300円)だけで行けますので、せっかくなら自分で行きましょう!

それもひとつの思い出です。

ロンシャン競馬場駐車場

ロンシャン競馬場へのシャトルバス

ポルトマイヨー駅からのシャトルバスですが、6番出口と覚えておけば大丈夫です。

万一覚えていなくても、「無料シャトルバス→」の案内が日本語で出ています。

そりゃそうですよね。

今年の場合、観客5万人強に対して5600人が日本人と約1割を占めているんですから(笑)

なので、日本馬が出るときはそこまで事前準備をしなくても、わざわざ下見に行かなくてもロンシャン競馬場には着くと思います。

ワインを昼間から4杯も飲んでかなり酔っ払いの私でも着いたので、行き方はそれほど複雑ではありません。

ロンシャン競馬場入場門

バスに乗って5~10分程度、バスを降りてから5分くらい歩いたかな?

これも流れに乗って歩けば大丈夫。

来たことある人は速足であるくので、男の人の後ろに付いていきました。

駐車場が見えついにロンシャン競馬場の入場門が見えてきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください