サクレクール寺院の治安:ミサンガ売りに注意

サクレクール寺院

さてフランスパリ3日目の始まりです(*^_^*)

今日は午前中、モンマルトルサクレクール寺院に向かいます。

ミサンガ売りに注意!サクレクール寺院

モンマルトルはアメリのロケ地としても有名なところです。

ホテルは8時発の予定でしたが、ちょうど日本では毎日王冠と京都大賞典が行われていたのでその結果を聞いてから向かいました。

日本ではなかなの大波乱でショウナンマイティにゴールドシップが破れ波乱。

ホテルではWi-Fiが入るため情報が入ってくるんですね。
オルフェ大丈夫なのかぁ!と不安になります(笑)

サクレクール寺院最寄駅:メトロでアンヴェール駅へ

アンヴェール駅ホテルからサクレクール寺院の最寄駅アンヴェール駅まではメトロで約30分くらい。

9時くらいに出て9時半くらいに着いたでしょうか。

駅を出て北側に進むとお土産屋さん?

メリーゴーランドモンマルトル

が並んでおりアメリで見たメリーゴーランド、上にはサクレクール寺院が見えます。

んー…

ちょっと思っていた雰囲気と違ってました、どんよりとした寂れた感じが強かったです。

サクレクール寺院手前で黒人のミサンガ売り?

天気が曇りだったことも影響しているかもしれませんが、アメリの映画で出てきたにぎやか・華やかな感じは全くなく、途中黒人の方に話しかけられたりと、このスポットは個人的にはあまりオススメできません。

このあと行くテルトル広場など、サクレクール寺院から離れると全く街の雰囲気は変わるんですがね。

サクレクール黒人

黒人の方に話しかけられた際(右写真)は、
「No.Excuse me. Excuse ne」と言われましたが、
特に警察とか施設の関係者といった感じではなかったので完全に無視させていただきました。

これがこのフランス旅行で一番怖かったかも。

普通なら「えっ?何?」となって立ち止まると思うので。

今思えば、あそこで聞く素振りを見せたり、立ち止まったりすると何かを買わされたりするのかと思います。

というのもフランスにはミサンガ売りや写真を撮った後に撮影料をせがむ方が多発しているらしく多くの方が被害にあっているようです。

ミサンガ1本で5000円とかね。

特にこのモンマルトル地方はパリから少し離れていることもあってか、結構強引にきます。

サクレクール階段

腕を無理やりつかまれてミサンガ付けられて、○○ユーロみたいなね。

私のように完全に無視するか、聞く耳を持たず「No,thank you」といって立ち去るのがいいでしょう。

長い長い階段を上り寺院に着きました。

サクレクール寺院の中へ

モノレールのようなものにカルネで乗れますがせっかくなので歩きましょう。

さて肝心の寺院・聖堂はといいますと、中は撮影禁止のため写真はありませんが、人がそんなにいるわけでもなく落ち着いた雰囲気は良かったと思います。サクレクール寺院

写真撮影ダメ、話している方もおらず静寂な感じでしたので、昨日行ったノートルダム大聖堂よりも更に重たい空気感でした。

寺院自体は結構良かったですよ。

モンマルトルの丘からパリ市内を望む

また、モンマルトルの丘とも呼ばれるこの地はパリ中心部に比べ標高が高いたためパリの市街地を一望することができます。

サクレクール寺院景色

曇っていましたが景色はいいですね。

ただ日中でこの感じなのを考えると、夜は結構危ないと思うのであまりオススメはしません。

この分だとアメリのロケ地はあまり期待できないのかと思っていましたが、実際に雰囲気良くないのはサクレクール寺院のみでした。

それではまず、コリニョンの八百屋へ向かいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください